| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

シニア世代が健康に暮らすために


子供たちも育っていった夫婦生活。お互いに健康に気をつけて暮らしていきましょう。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
    老眼とストレス
    0

      毎日の新聞を読むのに、なんだかボーっとしてしまいます。
      やれやれ、老眼が忍び寄ってきたかな…


      老眼とは、物をみる際に、ピントを合わせる時間がかかるようになるのです。
      そして、見えづらくなる現象の事を言います。


      このピントを合わせる役目を担っているのが、
      眼の中の水晶の周りにある毛様体筋と言う筋肉です。


      そして、この毛様体筋をコントロールしてピントを合わせようとしているのが、
      自律神経であると考えられているのです。


      つまり、ストレスと大きく関係している自律神経の機能が低下すると、
      同様に毛様体筋の機能も低下し、
      おのずと老眼の進行も進んでしまうことではないかと思います。


      どんな方でもストレスが溜まっていると、
      体の調子までおかしくなる事があるのではないでしょうか。
      それは眼も例外ではありません。


      このような事から、
      ストレスを溜めないことも老眼の進行を遅らせる一つの手段なんです。


      事実、慢性的な眼精疲労にお悩みの人の中には、
      自律神経を休ませてあげることでいままで以上に眼が良く見えるようになったと言う方も多いですね。


      わかっていても、現代社会においてストレスのない生活を送るということは、
      事実上不可能に近いとなっているのです。


      そんな時は、極力ストレスの原因となっていることから離れましょう。
      常にゆったりとした気持ちで過ごすように心掛けましょう。


      また、マッサージなどでも自律神経を整えることは出来ます。
      眼の調子が悪いと感じたら、ゆったりとマッサージをしたり、
      リラックス出来るエステなどに行ってみたりするのもいいかもしれませんね。

      | 老眼 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ゆう - -
      老眼鏡を作る時
      0

        若い時から眼鏡をかけている人は慣れていると思いますが、初めての眼鏡生活を考えるとちょっと煩わしさが伴います。
        特に、めがね屋さんなんて行きたくない!

        そこで、老眼鏡の種類調べてみました。

        ●遠近両用タイプ
        近くの物だけではなく遠くの物も見えるので、その時々で老眼鏡を交換する必要がありません。日常生活にとても便利なタイプといえるでしょう。


        ●中近用タイプ
        近距離、または、中距離にある物を見るための老眼鏡で、遠くの物にピントが合わず、運転には使用することができません。主に室内で使用するタイプになります。


        ●近用ワイドタイプ
        視界に奥行きを持たせているので、パソコンのキーボードとモニタのどちらも良く見えるように設計された老眼鏡です。主にパソコンを利用する際に使用するタイプでしょう。


        ●近用単焦点タイプ
        ごく近距離にある物を見るための老眼鏡で、遠くの物や中距離の物にはピントが合わず、その時々で老眼鏡を交換する必要があります。文字を読む際など、近くの作業に集中する場合に最適なタイプの老眼鏡です。
         
        こんなに種類があるのですが、
        一番使い勝手がいいのが、近用単焦点タイプかなとも思います。
        価格も安いようですし…


        老眼は、老化ですから少しずつ度は進むと言うことですから、2〜3年で作りなおしていくことも頭に入れておかなくてはいけません。
        眼鏡をかける自分が想像つかないです…


        | 老眼 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ゆう - -
        老眼鏡作りましょうか
        0

          歳を摂ったと一番感じるのが、新聞や本の字がボヤーとする時。
          「老眼」と感じた時には、
          なんだか自分が随分歳をとったみたいで認めたくありせんね。


          眼だけではなく、他のところもいろいろ使ってきて老化しているのですよね。
          老眼の症状です。
          ・眼が疲れやすくなってきた
          ・近くの物が見えづらくなってきた
          ・朝は良く見えるけれど、夕方になると物が見えづらくなってきた
          ・眼が霞むようになってきた
          ・新聞や本の文字を読む際に、無意識のうちに遠くに離して見るようになってきた
          今は、小さな字をディスプレイ上で追いかけたりするパソコンなどをやっていると
          なんだかかすむ様にもなってきてしまいました。


          「何歳からが老眼」といった決まった定義はないようです。
          若い人でも老眼症状が見られるようです。


          まずは、眼科で診察を受けるようて認識するしかなさそうです。
          60歳くらいまでは老眼の進行も早いとか。
          今の生活のリズムを崩さないようにするためにも、
          恥ずかしいとは思わないで早めに老眼鏡を作りましょうか。

          | 老眼 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ゆう - -
          | 1/1 |
          LATEST ENTRY
          ARCHIVE
          1
          ARCHIVE
          4


          楽天お勧め商品


          (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.